せどりの種類は2つある

せどりは大きく分けて、2種類あるといえるでしょう。
まず、具体的にお店などで仕入れる店舗せどりがあります。家電量販店とかBOOKOFF或はリサイクルショップといったような所から仕入れるわけです。中古品などを扱っているところが多いですがドンキホーテなどでも極端に割引されているものを購入して転売するというようなやり方もあります。
そしてもう一つがインターネットを駆使して仕入れをする電脳せどりと呼ばれるものです。前述の店舗せどりに関しては名前の通り、お店まで色々と見て回りにいって、現在のネットでの価格などを参考にして仕入れても利益が出ないかそれとも出るのかというようなことを判断してやっていくという形になります。
難しい判断は一杯あることになりますが、こちらのタイプのせどりはなんとなくではありますが、理解することが簡単に出来るでしょう。細かいコツ云々はともかくとして店で仕入れてネットで売るという点においてはかなり分かりやすいです。
しかし、電脳せどりの仕入れについては、やや難しいことも多いです。やることはオンラインショップやオークションあるいはフリマアプリなどを利用して仕入れをするということにはなるのですが、その前段階としていくらか考えなければならないことがあります。まずそこで仕入れたものをまた別のところで転売するということになりますが一応同じネット上で転売を繰り返すということになりますので極端に安く手に入るものというのが割と少なかったりします。
ですからかなりガッツリと現在のネットでの販売状況を比較する必要性があります。店舗仕入れであればそれこそメルカリとかヤフーオークションなどで転売していくというのをコツコツとやっていくことがお勧めできるのですが、電脳せどりの場合、できれば仕入れしては商品はAmazonで転売するということにした方が良いでしょう。
Amazonで転売することの最大の理由としてあるのがまず世界的に大企業としてその存在感を十二分に感じることができるからです。
要するに利用者が多いわけです。巨大市場で売った方が良いというのは間違いないわけですから、競争率も激しいとはいえるのですが、とにかくお勧めできる転売先となります。そしてもう一つとても重要なこととして実に売りやすいシステムがあるからです。それがAmazonのFBAです。このFBAに登録する事によって商品が売れたら勝手にAmazonが配達の手配などをしてくれることになります。
事前にAmazonに登録しておいた商品を送るという必要性がありますがやることはそれだけでありあとは勝手に売れるまで待つだけでいいということになります。
せどりで意外と面倒とかきついという部分としてあるのが仕入れた商品を置いておくスペースです。大きな家であれば問題はないこともあるでしょうが、さすがに何十品目も置いておく余裕があるという家のが少ないでしょうし、自分でいちいち商品の管理までやるということになりますと発送までの手続きとか手間というのがものすごくかかることになります。ですが、Amazonであればそうしたことはなく、せどりをした商品を転売していくということが出来るわけです。ただし、さすがに手数料はかかりますのでその点も含めて利用するべきであるのかどうかというのを考えるようにしましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク