動画の再生数を稼ぐには?

youtubeなどの動画配信サイトにおいて動画の再生数を稼ぎ、動画を見てもらうためには上位に表示される必要性があります。これは検索エンジンのSEO対策のことを指し、動画コンテンツをより見つけてもらいやすいよう、調整を行うという意味です。 現在、検索エンジンが行っている検索システムは動画コンテンツが検索エンジンに文字を入力した時、関連しているコンテンツであるかどうかを重視しています。その為、動画コンテンツ説明覧にただ単に文章やキーワードとなる文章を羅列しただけでは上位表示されず、悪質なコンテンツとして検索エンジン側に認識されてしまうのです。 いわゆる弾かれるというもので、コンテンツを弾かれないためには、如何に動画説明覧に、キーワードを意識しつつ、自然な文章を作ることが出来るかが重要視されています。その為、動画コンテンツの題名などにも気を配り、動画内容に合った題名を付ける必要もあり、題名とかけ離れた内容の場合、こちらも検索エンジンにて弾かれてしまう結果となります。 他にも動画コンテンツの再生数を上げる手法としては動画の上げ方があります。youtubeに動画を上げその動画を宣伝することで、直接動画サイトに富んでみてもらうという手法があります。これは自己が所有しているネットサイトを情報発信減として使用し、自己サイトから動画サイトへと誘導することを指します。 この手法であれば、数多く投稿されているyoutubeの動画コンテンツの中から、自分が作り上げた動画コンテンツにアクセスしてもらうことが容易です。しかも、自己サイトの宣伝にもなるため、サイトでどういったコンテンツを取り上げているかということを知ってもらう機会にも繋がります。 しかし、この手法には欠点があり、欠点としては自分のサイトにて宣伝を行うわけですから、動画コンテンツの作成者が判明し、自分のサイトで動画を紹介していた場合、その動画がもとで炎上を起してしまうと2つのコンテンツが炎上してしまいます。一つは元となった動画コンテンツでもう一つが動画コンテンツを取り上げてもらうべき宣伝を行った自己サイトになります。 自己サイトの閲覧者が多かった場合、炎上が元で依然見て貰っていた際と支援者の数を減少させる結果になる可能性もありますので、この元となる動画を他のコンテンツで紹介する手法はもろ刃の刃と言ってよいでしょう。その為、第3者に宣伝してもらう場合においても、場合によっては宣伝をして貰う第3者のサイトも炎上してしまう可能性があり、気楽に紹介してもらうという考えでは、場合によっては相手に不信感を与える結果となります。ですので、動画を宣伝してもらう場合、動画造りには気を付ける必要性があります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク