クリエイターの重要性

単なる動画を制作するだけのクリエイターでは今後通用しなくなると思います。もちろん、YouTubeに自分自身の制作した動画を公開してアクセスを稼ぐだけであれば問題ないでしょう。しかしながらこれから企業とのコラボレーションがどんどん進む中、単なる動画のクリエイターだけではなくウェブクリエイター、そして企画提案制作、編集、場合によってはアーカイブスまでこなせるクリエイターの存在が非常に重要になってきます。さらにワンストップで企業から依頼を受けるためには動画の有効な活用方法まで含めた提案を行うことがポイントになってくる可能性もあります。 
実際に企業側も商品やサービスを宣伝するにあたって大手広告代理店経由で新聞やテレビを使った広告よりも、コストを抑えながらもより有効に幅広い層に伝えるための動画を活用することが重きを置くようになっています。そしてその動画の活用先としてインターネット上をメインにすることが主流です。
高精細の長い動画が必要なわけではなく、ユーザに対して短時間で訴求できる10分程度の動画が最も必要とされます。それもパソコンだけではなくスマートフォンやタブレット端末といったマルチアクセスがポイントになってくると考えられています。
そしてこのような広告宣伝政策をトータルプロデュースしてもらえる人材を求めているのです。もちろん、ワンストップで依頼できる方が企業としてもコストも手間も省けるわけです。
だからこそこれまでは自分自身が制作した動画をYouTubeと言うプラットフォームに上げていた人材がさらなるスキルアップを図り企業の期待に応えられるようになることがポイントになるのです。 
幸いなことに動画の編集等に関して大きな施設が必要なわけでもなく、あくまでもパソコンレベルで編集できれば良いわけです。自分自身のクリエイティビティーや人脈さえあれば十分に対応できるのが大きなポイント。初期投資が必要なければ誰もが対応できるようになる可能性を秘めています。
動画ビジネスを純粋な広告収入ではなく、企業にとっての広告宣伝策を賄うための事業と考えればまだまだ伸びていく可能性は無限大です。そこに対応できるクリエイターこそが今後の動画ビジネスで生き残っていく、さらに伸びていくことができると言えるでしょう。 動画ビジネスを純粋な広告収入ではなく、企業にとっての広告宣伝策を賄うための事業と考えればまだまだ伸びていく可能性は無限大です。そこに対応できるクリエイターこそが今後の動画ビジネスで生き残っていく、さらに伸びていくことができると言えるでしょう。既にゲームチェンジが始まっていますので、早く動かなければ対応に遅れてしまいます。 既にゲームチェンジが始まっていますので、早く動かなければ対応に遅れてしまいます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク